Mac と Steve Jobs

2008年10月15日 (水)

ようやく新macbook, macbook pro登場  アップル(Apple store)

Apple Store(Japan) 長らく、変更がなかった、Apple Macbook, Macbook Pro, Macbook Airに新製品登場です。
噂されていた、アルミニウムケース以外に、グラフィックアクセラレーターの変更、ハードドライブの増量、スクリーンの変更等がありました。
まだ、詳しくは、アップルストアでご覧ください。
TUWA等のサイトにも数限りない噂、リーク?情報が多数でていましたが、結構、あたり情報もあるようで、ちょっと、びっくりしました。

2008年5月28日 (水)

最近の座右の銘 Steve Jobs のStanford 大学Commencement speechより

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma — which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

(cited from Steve Jobs' address at 2005 commencement of Stanford University)
公式リンクはこちら

たびたび触れる(スタンフォードのスピーチinside Steve's brain等)ことのおおい彼ですが、やはり気になるfigureです。

Apple Store(Japan)

2008年5月 8日 (木)

最新Steve Jobs本 Leander Kahney著『Inside Steve's Brain』

おととい、近所の本屋さんにAlbert Camusカミュの英語版The Stranger (邦訳『異邦人』)をちょっと買いにたちよったところ、レジ横にいまの売れ筋ランキングの堂々一位のところに、
"Inside Steve's Brain"というタイトルの地味な表紙ではありますが、こんな表紙の本がおいてありました。
そう、この表紙をみていただくと、一目瞭然ですが、Steve Jobsに関するお話しです。

Cult of Mac, Cult of iPODの奇抜な坊主頭にアップルロゴ、iPODの刈り上げ模様の表紙で有名な、Kahneyによる最新刊。いままで、読んだSteve Jobs本の中では読みやすさの点ではダントツです。いままだ、Chapter 1の終わりまでしかよんでいまんが、軽快な英語で、ひきつけられてどんどん読めてしまいます。英語も平易なので、パソコンずきの中学生の英語のならしによんでみるのもたのしいんじゃないかと思います。

 この本屋さん自体、道を挟んだ真向かいがApple storeであるもあって、売れ筋なのかもしれません。私的なことではありますが、どうやら彼がときどき自分のうちから、はだしであるいてフルーツやスムージーなどを買いにくるという噂のスーパーは、実はいつも行っているスーパーであることがわかり、ちょっとびっくりしつつ、いつかスーパーででくわしたらどうしようとちょっと、どきどきしてしまいました。

また、Stanfordでの彼の講演をYoutubeでみてしまいました。(Stanford大学公式の映像です)

読了後に、再度感想をアップします。

2008年4月29日 (火)

2008 macbook かmacbook proかはたまたmacbook airか Windows Pen 4 マシンから乗り換え画策中 石井裕さん、小飼弾さん、村山斉さん、John MaedaさんもみなMac Userみたい あとMicrosoftの現CEOも

当年とって4歳の仕事用Pentium 4 2.4GHz、HDDは160MB, 5400RPM PATA, RAMは1GBですが、極端に挙動が遅くなり、不要ソフト全部取り除いて、クリーンインストールして、HDDもこれにupgradeして、Nortonを抜いて、Onecareにかえて、違いがわかる程度にはましにはなりましたが、一行に、快適という段階からはほど遠い状態です。

 実は仕事場に、iMacがあり、白のintel iMacの一番初期のやつがあり、ここ暫くはこればっかり、使っています。スペック的にはたいしたことないのですが、こちらのほうが断然挙動が素早く快適で、日に日にMacへ乗り換える意欲がましているところです。


 

この記事は、WindowsからMacへ乗り換えるにあたって、コンピューターに素人ではあるけれども、仕事の道具としてコンピューターを使うものとして、その情報収集、計画から、実行に移す(予定)までの経過を記録してみようと思います。

 昔、Win Macの乗り換えで一つ問題だったのはファイルの互換性です。コンピューターを専門としているわけではなく、あくまで、道具としてつかっていますので、WndowsでつくったファイルがMacで開けないまた、その逆は結構つらかったりします。また、文字化けとかもへこみます。

 ところがどうでしょう、最近はそこらへんの問題はどんどん解決していてくれるようで、すくなくとも私がしようしている、ファイルは動画をのぞいて(動画は仕事ではつかいませんが)ほぼすべてストレスなく開けて処理できます。これのおかげで、iMacで作業ができるのです。

 そうなるt、いよいよMacへの意欲はつよくなるばかり。今すんでいるところはAppleの本社からもすぐ近くで、いま愛用しているipod shuffleは本社隣のApple storeで勝ってきたものです。

 どうやら日本でのシェアは依然低いようですが、互換性が或る程度たもたれれば、なんとかやっていけるし、やはり快適性は何事にも代え難いものがあります。

 そうおもって、テレビなどに出てくるひとのパソコンを見ていると、以外にmac userが多いことに気づきます。ちょっとミーハーですが、あげてみると、

昨年のプロフェッショナル仕事の流儀に出演されていたアメリカのMIT Media labの石井裕教授は往年のマックユーザーで、番組出演時にもご自身の当時Powerbookを持参されていました。

また、最近Laws of Simplicityで話題の同じくMIT Media LabJohn Maeda教授どうやらMac userのようです

本書は、わずか100ページ。わずか100ページにこれだけの話題が入っていて、しかも過密感がないというのは驚嘆に値する。図版も白黒のみ。それだけに詩集か名言集と間違えそうだが、しかし「法則」や「鍵」を見てもわかるとおり、本書は実用書でもあるのだ。

 

もちろんアルファブロガー(404 Blog Not Found)でプログラマーとしても有名な小飼弾さんも15インチMacbook Proのユーザーで(デスクトップ百景)、キーボードが傷むため、年イチで買い替えていらっしゃるようです。また、あたらしい、Macbook Air等にも興味をもっていらっしゃるようで、近況も興味のわくところです。

また、カリフォルニア大学バークレー校で物理の教授をされて、最近、東京大学の大型プロジェクトの責任者として赴任された、村山斉さんも、Mac userで紹介ページ(英語)をご自身のホームページに乗っけていらっしゃいます。

また、こちらはmac userの割合はとても大きく、近所のスターバックスなどにいくと二三人は Macbook pro、macbookをカチャカチャやっている人を見かけます。

Apple Store(Japan)

そうそう、あと、Microsoftの現CEOもプレゼンでMacbook proをつかってたというニュースがありました。

(追記)かれはMacbook proでWindowsを立ち上げていたようです。


  Apple Store(Japan)

最近のトラックバック