心と体

2008年6月11日 (水)

イチロー使用足裏マッサージ器 後継機 続報

どうも、プロフェッショナル仕事の流儀のイチロースペシャルの反響はとってもおおいようで、このサイトの訪問者も毎日半分以上はその関連のかたです。

 そこで、ちょっと情報が、ネット上でも混乱しているようですので、情報の整理と、入手方法のアップデートをしてみました。

 まず、そもそも、イチロー選手が番組の中で、遠征には必ずもっていくということで、プロフェッショナルの道具のコーナーで紹介していたのは、

マルタカという会社の
アルビフットマン21という
若石式(台湾式の一つ)の足裏マッサージ機
です。
これは、私が、イチロースペシャルの番組を静止させて画面上で確認したので間違いないと思います。

どうやら、チチローこと、イチロー選手のお父さんの鈴木宣弘さんの著書『溺愛 ー 我が子イチロー』にも書かれているように、ちいさいころから足裏マッサージをイチロー選手にしてあげていたようで、このマッサージ機もその影響かもしれません。

そして、問題は、これは、もう販売中止になっていて、後継機として、製造会社マルタカのホームページによると、見た目がにている、足裏マッサージ機として
リフレエッグ
足首のマッサージ機能がついている、ずっぽり足首まで包むタイプの

フィットFooTキュット

も後継機としてホームページにあげられています。

これを試す方法ですが、どうやら、この足裏マッサージ機をおいているサロンのようなところで、ためしてみるか、

        この場合は、『若石』『マッサージ』『サロン』などで、検索してみてください。

また、若石式健康法については次のサイトが参考になるかもしれません。

もし、購入する場合は、楽天ストア等でも販売していて、まだ、在庫あるという表示もあるようですが、いずれも品薄のようです。次に本日の時点で、在庫ありもしくは予約受付中という表示があったところのリンクを張っておきます。

 そして、最近気づいたのですが、どうやら、マルタカも、ネットストアを独自で始めたようで、次のリンクからも購入できるようです。

e-マルタカ

 ただ、いずれも、結構な値段がしますので、足裏マッサージを手軽にためしてみたいという方には、例えば、次のようなところから、廉価といっても、一万円以上しますが、のマッサージ機が手に入るようです。


また、足裏マッサージ機というわけではありませんが、若石式の関連商品として次の商品もあるようです。

ちなみに、私もしばらく、足裏マッサージ機を購入してしていますが、一番の私にとってよかったことはとっても良く眠れることです。


以上、ちょっとまとめてみました。あくまで、健康法とは銘打っていますが、医療行為ではありませんので、ご自身の責任のとれる範囲でお試しください。


2008年6月 7日 (土)

レーザー レーサー (LR)、スピード社 (SPEEDO) で日本新記録連発に違和感を感じませんか、でも、たしかに、すごい

本日のニュースサイト何処をみても、スポーツ欄のトップは、スピード社製の新しい水着レーザーレーサー(RL)を着て試し泳ぎをした選手が日本新記録を連発というニュースですが、なんだか素直によろこべないのは私だけでしょうか。うれしくはなくはないけど、、、

楽天でうってるんですね。この水着。値段はクリックしてみてください。びっくりする高値です。

 たしかに、ドーピングのように、ないものを不正に付加しているわけではないし、素材、製法の違いで、速くなったって、たとえば、自転車、スキー等のレースでも同様のことで、問題はないとおもうんですが、でもやっぱり違和感があります。

 違和感の一つの問題は、やはり、新聞記事からすると、一番、差の大きいひとで、1秒以上タイムが縮まったことだと思います。もちろん、水着だけのせいではないかもしれませんが、これがほんとに水着の違いによるものだとすれば、タイムが縮まったことがそんなに騒ぎ立てるものか?ということです。もちろん道具も大切ですが、とくに、水泳や、陸上などの身体で勝負する競技の魅力は、なによりも、その鍛え上げた身体的能力と精神力の結果としてのすばらしいパフォーマンス、記録に意義があるんであって、その見かけの数字によるのではないでしょう。また、いままでは、いくら水着が、、といっても、いかんせん、身体的なパフォーマンスの比重が断然大きかったと思います。いま、騒いでいる、1秒の違いはどれほどの意味があるのでしょうか。記録としてはすばらしいと思いますが、もし、それが、純粋に水着の寄与が大きいのであれば、それまでの記録とくらべて、のびたのびたと騒ぐようなことではないと思います。もしもは、歴史にはありませんが、今回1秒更新された千葉すずさんの200メートル自由形の記録でも、もし、千葉すずさんが当時同じ水着を着て泳いだらもっと速かったかもしれません。現に、今回その水着をきて記録をだした選手は、その水着をきなければ、記録をやぶれなかったのですから。

 この水着は、別にエンジンをつけてるわけでも、どこかの格闘家のように油をからだにぬったりという不正なことをしていないし、純粋に、科学技術の進歩の結果だと思われますが、ただ、進歩しすぎた結果、どことなく、違和感が拭いきれないのも私だけでしょうか。

 また、この水着をきればと騒いでいますが、最近の大竹まことゴールデンラジオの森永卓郎さんが出たときのpodcastで片側だけスパイクがついた運動靴がすごい売れ方をしているといったときに、大竹まことさんが、でも、みんなはいたら一緒でしょうという突っ込みをしていましたが、まったく今回もそのとおりではないかと思います。

 ただ、他の有力選手がみんなきるのであれば、それだけ違いがあるのであれば、着ない手はないとは思いますが。

 勝敗はこれで、ますます面白くなるかもしれませんが、記録がでたといったときに、あの水着きてたんやろというのが素直によろこべないようなきがするのはわたしだけでしょうか。

 

在庫情報 更新 すこしまたあるようです。イチロー選手使用の足裏マッサージ機後継機リフレエッグ

イチロー選手の愛用している足裏マッサージ機の後継機マルタカ社製リフレエッグの人気も凄いようです。ずっと売り切れ、在庫なしの状態が楽天でも続いていますが、いまちょっとみたら在庫あるとのことなので、一度ご覧ください。

売り切れのときはごめんください。

また、形は若干違いますが、マルタカによれば、こちらも後継機として販売されているようです。形が違うせいか、足首をしぼるような機能もついているそうですが、こちらはまだ幾分在庫あるようです。

2008年1月 7日 (月)

人間は考える足である 足裏マッサージとイチロー選手 そして、体のスイッチ

先日お正月のNHKプロフェッショナル仕事の流儀イチロースペシャルの人気コーナープロフェッショナルの道具のコーナーで、かれの遠征にいつも持っていく鞄がでていました。中身は、
オーダーメードの枕と、
足裏マッサージ機
でした。
  どこの商品かはハッキリしませんでしたが、いわゆる両側にぼこぼこした突起がついていてぐりぐりまわり、真ん中にもみもみするところがついている通常の使用のもののようでした。たとえば、こんなのですが、(同一ではないです、あしからず。ただ、特殊モード以外は、結構、やっていることはかわんないんじゃないかと思いますが、かれのこだわりがあるかもしれません。)

お手頃バージョンだと、

みたいなんがあります。
映像の中でも遠征さきのホテルで、くつろぎながら足裏マッサージをしつつ、雑誌をながめていました。
  大事ですよ。足の裏から力が抜けていくっていうかね。
と。足の裏から力がぬけてくですか、、おもしろいとおもって、今始めないときっとわすれちゃうし、とおもい、早速、近所の量販店にいって、唯一おいてあった足裏マッサージ機(こっちはアメリカ製のものでも、使用はほとんどいっしょみたいです、なかのいぼいぼ、動かし方とかきっと、いろいろ工夫があるんでしょうけどね、とりあえず、刺激をということで、)をかってきて、今日で3日目です。wiki で見てみると、足裏マッサージの発祥は、アメリカ??とかいてあり、おそらくそういうわけで、こんなマッサージ機がアメリカの量販店にもおいてあるのかと感心しました。
wikipedia リフレクソロジー
デスクワークばっかりで、あんまり、イチロー選手のようにはしりまわったりということがすくないのですが、それでも、日々あるいたり、長時間たってたり、することもおおいので、試しにつかってみたのですが、
 つかいはじめ(数分は)あしのうらがくすぐったいようなかんじ
 しばらくして、くすぐったいのがなくなってきて、心地よくなってくる、この時点では漫然と足をのっけている 
 ちょっと、ものたりなくなってきて、すこし、足をおしつけてみたり、ちょっとこりのこってそうなところにあててみる
 それで、ついでに土踏まずとか、足先とかもあててみる
 しばらくすると足があったまってきて、おしまい。

総勢20分ぐらいですが、たしかに、次の日起きると足がかるいような気がします
 ただ、ひとつ計算違いだったのは、夜更かしして仕事をしているときに眠気をさましてくれるんじゃないか(刺激で)とおもって、チャレンジしてみたのですが、これは失敗。眠気はとれるどころか、かえって、リラックスして、眠くなってしまいました。ただ、結果的に次の日の目覚めがよくなって、仕事効率はあがっているような気もします。

 イチロー選手はじつはこどものころから、お父さんに足裏マッサージをしてもらっていたので、長年やっているかれがしているのだから、いいんかな、すくなくても悪くはないだろうという期待をもちながら、しばらくつづけてみようと思います。足裏は第2の心臓というだけあって、大事なものだとおもっていたし、私自身も、朝の寝覚めは実は足裏で起きています。寒くても、眠くても、
足の指をぐにぐに、動かすと、
あら不思議私の場合は、すぐに目が覚めます。渋滞で、眠くなったとき、長い時間のお仕事、などなど、いろいろありますが、それ自体がおこしてくれるのか、それで足の力が抜けるからかわかりませんが、不思議とこれ、10年以上私がしている習慣ですが、結構効きます。
  最近、昨年末のヒット「お金は銀行にあずけるな」の著者で、


ムギ畑のむぎさんこと、勝間和代さん(私は、彼女を勉強のマニアかつ、プロと思っていますが)のブログでも紹介されていた、Jim Loehrの
The Power of Full Engagement

邦訳は、

を読みつつ、そのオーディオをiPodでききつつ、

そのイントロ部分の、成果は、費やした時間でなく、費やしたエネルギーによってかわる。という下りをよんで、激しく、自分のエネルギーのオンオフ、質を量を高めるべく、最近いろいろ考えています。

  足裏は私のなかでは自分の意識のon offを切り替えるべんりなスイッチになっています。

足裏マッサージの結果はまた、再度報告します。

あと、車で30分ぐらいのところに球場があり、2月にはマリナーズとの試合もあるようなので、一度、生のイチロー選手をみにいってみようと思います。

2008年5月14日追記

在庫情報更新しました。

最近のトラックバック