ニュース

2008年10月 8日 (水)

ノーベル物理学賞 小林、益川、南部共同受賞にみる日米の報道の違い

ことしのノーベル物理学賞が発表された。

最近、日本のテレビをみないせいか、blog等でこのようなニュースを聞きつけることもすくなくないが、今回は、小飼弾さんのブログ404 Blog Not Foundの

News - 南部・小林・益川にノーベル物理学賞

めでたさも去ることながら、大変失礼ながら南部先生がまだ在命であることも寿ぎたい。ノーベル賞受賞のための最重要必要条件は、受賞時に生きていること。Posthumousってのがないんだよね。ああ戸塚先生(もちろんヨットスクールの方じゃないよ)....


小林誠、益川敏英、南部陽一郎諸先生に授与された。南部先生については、最近だと、こんな本もかかれているが、以前から、ことしはことしは、、と騒がれ、ご本人も、なんで今頃というようなコメントもだされていた。

今回の受賞について、日本の報道機関は、皆一様に、日本人3人の同時受賞と書いてありますが、英語のニュースでは軒並み二人の日本人と一人のアメリカ人の共同受賞と書いてあります。
例えば、New York Times だと、
こちら
そう、An American and two Japanese physicists on Tuesday won,,,,
これは、南部先生がアメリカに帰化されているためですが、これも、感覚の違いなんでしょうか。
たとえば、もともと、アメリカの人で、日本に帰化して、ノーベル賞を受賞したら、日本人が受賞とは、かかないような。
いろいろサイトのぞいてみてください。

昔から、オリンピック水泳をみたあとは、プールに行きたくなるんですが、ノーベル賞の発表があると、なんか勉強したくなります、、(単純)。いまの仕事をしている大学にも、ノーベル賞受賞者が複数いるんですが、そのせいか、近所のスーパーや、カフェで、そのような先生方とすれ違うこともあり、どきどきかってに緊張してしまいます。そう、ミーハーです。

2008年6月 7日 (土)

レーザー レーサー (LR)、スピード社 (SPEEDO) で日本新記録連発に違和感を感じませんか、でも、たしかに、すごい

本日のニュースサイト何処をみても、スポーツ欄のトップは、スピード社製の新しい水着レーザーレーサー(RL)を着て試し泳ぎをした選手が日本新記録を連発というニュースですが、なんだか素直によろこべないのは私だけでしょうか。うれしくはなくはないけど、、、

楽天でうってるんですね。この水着。値段はクリックしてみてください。びっくりする高値です。

 たしかに、ドーピングのように、ないものを不正に付加しているわけではないし、素材、製法の違いで、速くなったって、たとえば、自転車、スキー等のレースでも同様のことで、問題はないとおもうんですが、でもやっぱり違和感があります。

 違和感の一つの問題は、やはり、新聞記事からすると、一番、差の大きいひとで、1秒以上タイムが縮まったことだと思います。もちろん、水着だけのせいではないかもしれませんが、これがほんとに水着の違いによるものだとすれば、タイムが縮まったことがそんなに騒ぎ立てるものか?ということです。もちろん道具も大切ですが、とくに、水泳や、陸上などの身体で勝負する競技の魅力は、なによりも、その鍛え上げた身体的能力と精神力の結果としてのすばらしいパフォーマンス、記録に意義があるんであって、その見かけの数字によるのではないでしょう。また、いままでは、いくら水着が、、といっても、いかんせん、身体的なパフォーマンスの比重が断然大きかったと思います。いま、騒いでいる、1秒の違いはどれほどの意味があるのでしょうか。記録としてはすばらしいと思いますが、もし、それが、純粋に水着の寄与が大きいのであれば、それまでの記録とくらべて、のびたのびたと騒ぐようなことではないと思います。もしもは、歴史にはありませんが、今回1秒更新された千葉すずさんの200メートル自由形の記録でも、もし、千葉すずさんが当時同じ水着を着て泳いだらもっと速かったかもしれません。現に、今回その水着をきて記録をだした選手は、その水着をきなければ、記録をやぶれなかったのですから。

 この水着は、別にエンジンをつけてるわけでも、どこかの格闘家のように油をからだにぬったりという不正なことをしていないし、純粋に、科学技術の進歩の結果だと思われますが、ただ、進歩しすぎた結果、どことなく、違和感が拭いきれないのも私だけでしょうか。

 また、この水着をきればと騒いでいますが、最近の大竹まことゴールデンラジオの森永卓郎さんが出たときのpodcastで片側だけスパイクがついた運動靴がすごい売れ方をしているといったときに、大竹まことさんが、でも、みんなはいたら一緒でしょうという突っ込みをしていましたが、まったく今回もそのとおりではないかと思います。

 ただ、他の有力選手がみんなきるのであれば、それだけ違いがあるのであれば、着ない手はないとは思いますが。

 勝敗はこれで、ますます面白くなるかもしれませんが、記録がでたといったときに、あの水着きてたんやろというのが素直によろこべないようなきがするのはわたしだけでしょうか。

 

2008年1月17日 (木)

MacBook Air 欲しいなあ Mac book Proも windowsから乗り換え検討中

仕事に、遊びに不可欠なパソコンですが、買い替えを考えています。そんなところに、飛んで火にいる夏の虫(虫はパソコンか?私かも?)、アップルの新製品のお披露目がありました。Windows オーナー、マック使い6ヶ月のパソコン素人にも気になったのが、
Apple Store(Japan)
いよいよ今年のSteve Jobs のKeynoteがSan Franciscoのモスコンセンターで開かれたMacWorld 2008で行われた。ほんと家から電車で40分ぐらいで、なんども行ってる場所で、一度は生Jobsとは思うものの機会がありません。ことしも、AppleStoreでKeynoteを見て、改めて、Jobsの巧みなプレゼンテーションに感心しました。keynoteの記事はこちら(英語)ZDnet JAPANの記事(日本語)。

個人的に気になったのは、
MacBook Airの発売
です。
MacworldのMacBook Air 紹介の記事。
オープンソースプログラマーであり、アルファブロガー小飼弾さんの404 Blog Not Foundの記事
404 Blog Not Found    Thinnovationキター
小飼さんによる製品比較がのっています。

買います。ええ、買いますとも。それも成金らしくSSD付きの方を。

ところで、私素人にはききなれないSSDって、、とおもって、とりあえず、Wikipediaで見てみると、

HDDと比較してビット当たり単価は高いものの、より優れた高速性・高信頼性を生かして利用されている。

メモリディスク. (2007, 12月 31). Wikipedia, . Retrieved 14:28, 1月 16, 2008 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF&oldid=17081141.
という記述がある。ほう、はやいんですか?でも高そうですね。

会場はmoscone centerというサンフランシスコの大きな会議場です。market streetから3rd を下ってすぐです。ちょっと脱線ですが、下の写真はgoogle maps (英語版の)、のstreet view というサービスを利用しています。下の地図のView Larger Mapで大きな地図を表示してから、上のタグのstreet viewというところをクリックしてみてください。青くなった道のところからの景色が見れます。これはgoogle が試験的にしているサービスで、一部のベイエリアの一部の都市をカバーしています。うちの家のすぐとなりの通りまではカバーしていますが、うちはカバーされていません、、残念。

View Larger Map


View Larger Map
ちなみに有名なサンフランシスコのケーブルカーもこのとおり

View Larger Map

実は私物のコンピューターはwindowsなのですが、仕事場のコンピューターはiMacで半年つかっていますが、とっても使い勝手がよく、10年ぶりぐらいにMacを使っています。最近、windowsノート君が調子が悪いので、Macbook Proを買おうかと考えていたところですが、MacBook Airもなかなか捨てがたく、検討中です。仕事関係のソフトでも、Windowsでしか走らないというソフトも諸処ありますが、自分のパソコンをデータの解析には使っても、測定に使うことはないし、解析だけならデーターはエクセルだったり、Macでもつかえるデータ形式だったり。データーが扱えれば、問題ないような気がしてきました。

MacBook Pro 15-inch 2.4GHz Intel Core 2 Duo

 あと、もう一点、Macの魅力はキーボードです。私の手には、Macのキーボードが手になじむようで、いまも仕事ではMacとwindows両方つかっていますが、長文うつときはMacを使っています。このまえ、お店で、いくつか、キーボードをタイプしてまわったんですが、やっぱり、マックのキーボードが一番。ただ、5年来Windowsになれた身には右クリックがないのがいたいですが、でも最近、ショートカットをいろいろ思い出してきて、その不便さもなくなってきています。この点でも振るサイズキーボードのMacbook Air は魅力的です。

また、使うソフトも限られているので、それが快適だったらいいかなと、、

 

Apple Store(Japan)

最近のトラックバック