グルメ・クッキング

2008年10月 2日 (木)

これだけは、、、小林カツ代『料理のへそ』

ちょっと話しは、それますが、滞米4年をすぎましたが、こちらで、一番うまくなった、、と自負しているのが、料理です。いま、ほとんど、なんでもつくれるようになりました。渡米まえは全くと言っていいほど料理したことがなかった、私の料理の師匠がこの本です。料理の鉄人で、中華の鉄人をやぶったことでも有名な小林カツ代さんの数或るホンのなかでは、一番うすくて、絵がすくないホンの一つだと思いますが、門外漢にもわかりやすい直感的な表現で料理の加減がかかれていて、なにより、その通りにすると、不思議なことにおいしい料理が出来上がるというスゴ本です。他のホンもいくつかあさってみましたが、これ以上に、コンパクトにまとまっているものはありません。

ほんとに、関空を飛び立つ前に、売店で、みかけて、途中よもうと買っていったホンですが、これが、うれしい以外で、スゴ本でした。

 だまされたとおもって、本屋さんで、ちょっと数ページみてみてください。きっと、なにかつくっちゃってると思います。

2008年3月 3日 (月)

究極の カレーせんべい ぼんちの『やさいカレー揚げせん』

昨日、日本スーパーでみかけたこのせんべい凄い。
ぼんちの
やさいカレー揚げせん
http://www.bonchicorp.co.jp/products/age-senbei/yasai-curry_6mai.html

まず、おいしい。
そして、日本風の野菜の甘さがいっぱいつまった後味のわるくないおいしいカレーの風味がします。コストパフォーマンスはよくありませんが、ちょっと、お菓子備えておくにはこれという感じです。

いままで、いろいろカレーものを試してみましたが、ただ辛いだけ、一口目はおいしいけど、後味が悪すぎたり、、、で、いままでピントきませんでしたが、これはなかなかすぐれものです。

 今年のお菓子、といってもはじまったばかりですが、の第一位にどうどうおすすめです。

 いちどおためしください。

 

2008年2月 5日 (火)

餃子食べたい 手作りがいいですよね 目の前で ギョーザ 包君 PAO-KUN

神戸に東門という繁華街があります。そのなかにちいちゃいですが、
ギョーザ 包君 PAO-KUN
神戸市中央区中山手通1−7−8
Phone 078-331-2924
18:00〜25:00 休:日・祝


大きな地図で見る

というお店があって、狭いお店だけど、眼のまえで、餃子をつめて、焼いてくれるお店です。小さい餃子なので、男衆は3人前とか頼んだりしますが、結構おいしい。神戸の中華街からははずれるんですが、結構いけます。

 最近冷凍餃子の中毒問題が話題ですが、こういうときこそ手作り餃子のお店にいきたいですね。残念ながら、個々カリフォルニアでは、ほんとの中華の餃子やさんばかりで、日本風の餃子(なんかへんですが?)は皆無に近いです。

もし、神戸に仕事でいくことがあったら、ちょっと三宮の駅から足をのばすとすぐなのでいってみてください。

 ああ、餃子たべたい。。。。

2008年1月13日 (日)

においの記憶  ちょっと腹ごなし おいしい鰹のたたきがたべたいです。

今日は勉強の話ではなく、おなかがすいてしまったので、食べたいものの話です。

鰹 かつおって英語でなんていうかしってますか? Tunaはまぐろ鮪です。
bonito
skipjack tuna
っていいます。日系スーパー、アジアスーパーにいくとすこしだけはじっこにおいてあります。

いまカリフォルニア生活が3年をすぎて、最近気になってきたのが、おいしい日本食がたべたいです。実は一度も帰国していないので、ほんとに恋しくて恋しくて。なかでも、一番たべてみたいのは鰹のたたきです。

ちょっと鰹のたたきの記事を探すとありますあります。たとえば
The Mukadekan Weblog ●鰹の塩たたき【厨房わかまつ】(四万十市)

「美味しんぼ」の高知特集の巻で、京極さんが山岡・栗田ペアに土佐の料理をご馳走したのが、中村の厨房わかまつ。
実はそのことをすっかり忘れていて、偶然に入ったんだけど、これは確かに山岡も唸る味だった。
鰹を軽く火で炙って、たれをかけながら塩を「たたく」から「鰹のたたき」。
鰹のたたきの原点のような姿がここにはあるのだ。
 
オンナ転職屋のblog みょうがが大好き
とにかく、以来ハマっていて
「鰹のタタキみょうが乗せ」は現在、週に3日は登場する、我が家の定番。
 

やばいです。たたきのにおいが、、、これは記憶か幻覚か、、、

とにかく、こっちは魚、とくに、お刺身のようなお魚が全然いいのがなくて、困っています。お金を出せばないことはないんですが、どうも、懐がいたいのと、普通のお魚を食べるのに高いお金を払うというのがちょっといやで、食べずじまいです。

 とくに、高知にいったときは、駅の売店から、町の小さなお店まで、どこで食べても魚が新鮮で、タマネギにひたした、鰹のたたきがおいしくておいしくて、入る入るお店でたべていました。

  当時は、高知のいなかから、近所の魚屋さんでかってもらった、たたきを直送してもらっていました。最近さがしていると、オンラインでいろいろ注文できるようで、日本にいたら来れ食べれるのになあと、よだれを垂らしています。

薄くきったタマネギといっしょにたれに
ひたひたにしてたべるととってもおいしいです。

今日はお寿司屋さんに、、、、いきたいけど、、、、どうしましょうかね。


 

最近のトラックバック