« いまIan McEwanにちょいはまりです | トップページ | ノーベル物理学賞 小林、益川、南部共同受賞にみる日米の報道の違い »

2008年10月 7日 (火)

赤朽葉家の伝説 よみおわりました

以前、ちょっと触れた桜庭一樹さんの『赤朽葉家の伝説』をとうとう読み終わりました。お風呂場に、ずっと、おいて、お風呂につかるたびにちびちび読み進め、途中、他のホンも読みながら、最後までたどりつきました。

このまえ読んだ『デミアン』のときとはちがって、最後に、腑に落ちるというか、落ちがつくというか、カタルシスとでもいうんでしょうか、読後感はとてもいい一冊でした。やはり、最後に、こう、「腑におちる」感じがないと、どうしても、がっかりしてしまいますが、この本は期待を裏切らない終わりで、ちょっとほっと読み終えました。たしかに、表現が、ところどころ、荒いところもあるような気もしますが、それが、最後の最後に、ぽんぽんつきささってきて、それが心地よい気分になりました。いろいろな、大小、様々な色の落ち葉で重厚に編み上げられた一枚の反物のようなお話だっっとおもって、扉をとじると、まさに、その表紙にその通りの絵がえがかれていることにきづき、「このことだったのね。」と合点を得た次第です。

たしかに、綴る言葉に、つたなさというか、弱さというかそう感じられるところもありますが、それが、かえって、最後のお話のまとまりをよりあげているのはすごいなあ、、と感じ入りました。

また、桜庭さんの本をよんでみようと思います。

今年の読んだ本勝手にランキング(10月6日)
1。赤朽葉家の伝説(桜庭一樹著)
2。変身(カフカ)
3。阿修羅ガール(舞城王太郎)
3。The Great Gatsby (フィッツジェラルド、原書)


« いまIan McEwanにちょいはまりです | トップページ | ノーベル物理学賞 小林、益川、南部共同受賞にみる日米の報道の違い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183411/24324389

この記事へのトラックバック一覧です: 赤朽葉家の伝説 よみおわりました:

« いまIan McEwanにちょいはまりです | トップページ | ノーベル物理学賞 小林、益川、南部共同受賞にみる日米の報道の違い »

最近のトラックバック