« The Great Gastby | トップページ | Great Gatsby 原書でもどうぞ »

2008年10月 2日 (木)

おちがない 『デミアン』ヘッセ著

すいません。いきなり文学的ではありませんが、最後の最後まで、いろいろな伏線、といってもわかりやすい伏線がいっぱいひかれていて、期待がとても膨らんでしまった分、最後のおちが期待はずれで、がっかりしました。

 最後の最後までは、どんどん引っ張られて、一晩で、全部読み切ってしまいましたが、最後の最後で、地元のことばでいうと、「おちが弱く」腰砕けしそうになりましたが、終盤までは、楽しく読ませてもらいました。

 意図的な、最近はやりの「すべり芸」を見ている印象でした。

 話の展開は終盤まで、とてもたのしめたのに、とても残念でした。

« The Great Gastby | トップページ | Great Gatsby 原書でもどうぞ »

本、文学 (日本語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183411/24199996

この記事へのトラックバック一覧です: おちがない 『デミアン』ヘッセ著:

« The Great Gastby | トップページ | Great Gatsby 原書でもどうぞ »

最近のトラックバック