« 赤朽葉家の伝説 よみおわりました | トップページ | ようやく新macbook, macbook pro登場  アップル(Apple store) »

2008年10月 8日 (水)

ノーベル物理学賞 小林、益川、南部共同受賞にみる日米の報道の違い

ことしのノーベル物理学賞が発表された。

最近、日本のテレビをみないせいか、blog等でこのようなニュースを聞きつけることもすくなくないが、今回は、小飼弾さんのブログ404 Blog Not Foundの

News - 南部・小林・益川にノーベル物理学賞

めでたさも去ることながら、大変失礼ながら南部先生がまだ在命であることも寿ぎたい。ノーベル賞受賞のための最重要必要条件は、受賞時に生きていること。Posthumousってのがないんだよね。ああ戸塚先生(もちろんヨットスクールの方じゃないよ)....


小林誠、益川敏英、南部陽一郎諸先生に授与された。南部先生については、最近だと、こんな本もかかれているが、以前から、ことしはことしは、、と騒がれ、ご本人も、なんで今頃というようなコメントもだされていた。

今回の受賞について、日本の報道機関は、皆一様に、日本人3人の同時受賞と書いてありますが、英語のニュースでは軒並み二人の日本人と一人のアメリカ人の共同受賞と書いてあります。
例えば、New York Times だと、
こちら
そう、An American and two Japanese physicists on Tuesday won,,,,
これは、南部先生がアメリカに帰化されているためですが、これも、感覚の違いなんでしょうか。
たとえば、もともと、アメリカの人で、日本に帰化して、ノーベル賞を受賞したら、日本人が受賞とは、かかないような。
いろいろサイトのぞいてみてください。

昔から、オリンピック水泳をみたあとは、プールに行きたくなるんですが、ノーベル賞の発表があると、なんか勉強したくなります、、(単純)。いまの仕事をしている大学にも、ノーベル賞受賞者が複数いるんですが、そのせいか、近所のスーパーや、カフェで、そのような先生方とすれ違うこともあり、どきどきかってに緊張してしまいます。そう、ミーハーです。

« 赤朽葉家の伝説 よみおわりました | トップページ | ようやく新macbook, macbook pro登場  アップル(Apple store) »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183411/24366617

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル物理学賞 小林、益川、南部共同受賞にみる日米の報道の違い:

« 赤朽葉家の伝説 よみおわりました | トップページ | ようやく新macbook, macbook pro登場  アップル(Apple store) »

最近のトラックバック