« おちがない 『デミアン』ヘッセ著 | トップページ | これだけは、、、小林カツ代『料理のへそ』 »

2008年10月 2日 (木)

Great Gatsby 原書でもどうぞ

タイトルに、Great Gatsbyを原書でもとかきましたが、実は、以前ふれていた、村上春樹訳が、その後行方不明のため、結局、原書のままよみきってしまいました。

前半を過ぎたあたらりから、フィッツジェラルドの口調になれてか、スムーズにほぼ辞書なしで、最後まで、読み切ってしまいました。 こちらも、次のページをめくりたくなる点では、前述の『デミアン』(ヘッセ)と同様でしたが、期待していたとはいえ、しっかり最後も腑に落ちる展開で、また、読みたいと思った一冊です。村上春樹訳も、でてきたら、もう一度読んでみたいと思います。

 最近、原書のままで、読み通すことも時々ありますが、初め3分の一すぎれば、その作家の口調というか語り口になれてきて、その後はあっというまに読み進められました。

 はじめ、3分の1がんばるといいことがあるかもしれません。

« おちがない 『デミアン』ヘッセ著 | トップページ | これだけは、、、小林カツ代『料理のへそ』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183411/24200179

この記事へのトラックバック一覧です: Great Gatsby 原書でもどうぞ:

« おちがない 『デミアン』ヘッセ著 | トップページ | これだけは、、、小林カツ代『料理のへそ』 »

最近のトラックバック