« 綿矢りさ著『蹴りたい背中』関西青春小説  | トップページ | 在庫情報 更新 すこしまたあるようです。イチロー選手使用の足裏マッサージ機後継機リフレエッグ »

2008年6月 3日 (火)

太宰治『人間失格』 小説にでてくるひとはほんとよく物を考える

同じくもう一冊かってしまったのが、太宰治『人間失格』です。

これも、週末本屋訪問時の文庫本あさりのときに、見つけました。最近、『走れメロス』をよみかえしたこともあり、また、最近300ページ前後までなら、物怖じしなくなったこともあって、先ほど来くりかえしていますように、ほのかな期待をもって、手にとって、1ページめくってみました。前2冊(酒見賢一『後宮小説』綿矢りさ『蹴りたい背中』)とは、異種ながら、不気味な感じもありながら、ぐいっと引きつける強さは負けません。ついつい、こちらも、どんどん読み進めているあいだに、気がつくと3分の1ぐらいよみすすめていて、買ってかえることにしました。

 読了してから、mixiやamazonの書評をつまみ読みしてみましたが、どうも、同じ意見のひとがいないようです。わたくしにとっては、この主人公の『ようちゃん』はほんとによく物を考えるひとだな、それをよくことばにできるなというのが一番のおどろきで、その太宰治の筆力に感激しながらよんでしまいました。とても、深い深いところまで、つきつめたこころのうちが込められていて、内面を描く技量に感激しきりでした。

 この本も、先2冊と同様、本の題名も、壮丁もなにからなにまで、なじみでしたが、でもただの一度も手に持ったこともありませんでした。なんか、いままでなんて、食わず嫌いしていたことかとびっくりする反面、そのおかげで、この年になって、こんな充実した時間を読書でできるなんておもってもいず、以外な感激でした。

« 綿矢りさ著『蹴りたい背中』関西青春小説  | トップページ | 在庫情報 更新 すこしまたあるようです。イチロー選手使用の足裏マッサージ機後継機リフレエッグ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

本、文学 (日本語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183411/21380794

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰治『人間失格』 小説にでてくるひとはほんとよく物を考える:

« 綿矢りさ著『蹴りたい背中』関西青春小説  | トップページ | 在庫情報 更新 すこしまたあるようです。イチロー選手使用の足裏マッサージ機後継機リフレエッグ »

最近のトラックバック