« 在庫情報 更新 すこしまたあるようです。イチロー選手使用の足裏マッサージ機後継機リフレエッグ | トップページ | レーザー レーサー (LR)、スピード社 (SPEEDO) で日本新記録連発に違和感を感じませんか、でも、たしかに、すごい »

2008年6月 7日 (土)

再発見 宮沢賢治著『セロひきのゴーシュ』

宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』を読んだ。

たしか、ちいさいころに読んだことあるはずとおもっていたけれども、読んでみると、すっかりわすれてしまっていて、かえって新鮮であった。

昔とちがって、ちょっと出てくる、曲のタイトルなどをGoogle/youtubeなどで、実物を確認しながら、よんでいくと、虎狩りの唄が、いかに、そのまえに、たのまれた、しずかな曲と対照的であるかが実感されたりして、印象が以前よりもはっきりくっきり頭にのこった。

以前にすこし触れた谷崎潤一郎の『文章読本』でものべられていたとおり、必要十分なだけのことばを使うということの難しさを、この作品でも宮沢賢治は、のりこえて、すばらしい作品をつくりだしていることにびっくりした。

また、最近、身近でバイオリンを弾いているひともいて、こどものころは、なんだか、実感はないけれども、大人の人が弾く、あの大きなバイオリンみたいなやつの話しという認識であったけれども、以前にもましてありありと楽器を構えるさま、練習する様が目に浮かんでいた。


 

 ゴーシュがおこられているシーン、一生懸命になるシーン、どれをとっても、なぜだか、すべてが色付きの親しい、イメージがどんどんわき上がってきた。

 これも一つの童話ではありますが、童話といって敬遠されず、大人のファンタジーの小品として、読んでいただけると、幼少時とはちがった、まったく別の物語を発見できるのではと思います。

« 在庫情報 更新 すこしまたあるようです。イチロー選手使用の足裏マッサージ機後継機リフレエッグ | トップページ | レーザー レーサー (LR)、スピード社 (SPEEDO) で日本新記録連発に違和感を感じませんか、でも、たしかに、すごい »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

本、文学 (日本語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183411/21469322

この記事へのトラックバック一覧です: 再発見 宮沢賢治著『セロひきのゴーシュ』:

« 在庫情報 更新 すこしまたあるようです。イチロー選手使用の足裏マッサージ機後継機リフレエッグ | トップページ | レーザー レーサー (LR)、スピード社 (SPEEDO) で日本新記録連発に違和感を感じませんか、でも、たしかに、すごい »

最近のトラックバック