« 再発見 宮沢賢治著『セロひきのゴーシュ』 | トップページ | イチロー使用足裏マッサージ器 後継機 続報 »

2008年6月 7日 (土)

レーザー レーサー (LR)、スピード社 (SPEEDO) で日本新記録連発に違和感を感じませんか、でも、たしかに、すごい

本日のニュースサイト何処をみても、スポーツ欄のトップは、スピード社製の新しい水着レーザーレーサー(RL)を着て試し泳ぎをした選手が日本新記録を連発というニュースですが、なんだか素直によろこべないのは私だけでしょうか。うれしくはなくはないけど、、、

楽天でうってるんですね。この水着。値段はクリックしてみてください。びっくりする高値です。

 たしかに、ドーピングのように、ないものを不正に付加しているわけではないし、素材、製法の違いで、速くなったって、たとえば、自転車、スキー等のレースでも同様のことで、問題はないとおもうんですが、でもやっぱり違和感があります。

 違和感の一つの問題は、やはり、新聞記事からすると、一番、差の大きいひとで、1秒以上タイムが縮まったことだと思います。もちろん、水着だけのせいではないかもしれませんが、これがほんとに水着の違いによるものだとすれば、タイムが縮まったことがそんなに騒ぎ立てるものか?ということです。もちろん道具も大切ですが、とくに、水泳や、陸上などの身体で勝負する競技の魅力は、なによりも、その鍛え上げた身体的能力と精神力の結果としてのすばらしいパフォーマンス、記録に意義があるんであって、その見かけの数字によるのではないでしょう。また、いままでは、いくら水着が、、といっても、いかんせん、身体的なパフォーマンスの比重が断然大きかったと思います。いま、騒いでいる、1秒の違いはどれほどの意味があるのでしょうか。記録としてはすばらしいと思いますが、もし、それが、純粋に水着の寄与が大きいのであれば、それまでの記録とくらべて、のびたのびたと騒ぐようなことではないと思います。もしもは、歴史にはありませんが、今回1秒更新された千葉すずさんの200メートル自由形の記録でも、もし、千葉すずさんが当時同じ水着を着て泳いだらもっと速かったかもしれません。現に、今回その水着をきて記録をだした選手は、その水着をきなければ、記録をやぶれなかったのですから。

 この水着は、別にエンジンをつけてるわけでも、どこかの格闘家のように油をからだにぬったりという不正なことをしていないし、純粋に、科学技術の進歩の結果だと思われますが、ただ、進歩しすぎた結果、どことなく、違和感が拭いきれないのも私だけでしょうか。

 また、この水着をきればと騒いでいますが、最近の大竹まことゴールデンラジオの森永卓郎さんが出たときのpodcastで片側だけスパイクがついた運動靴がすごい売れ方をしているといったときに、大竹まことさんが、でも、みんなはいたら一緒でしょうという突っ込みをしていましたが、まったく今回もそのとおりではないかと思います。

 ただ、他の有力選手がみんなきるのであれば、それだけ違いがあるのであれば、着ない手はないとは思いますが。

 勝敗はこれで、ますます面白くなるかもしれませんが、記録がでたといったときに、あの水着きてたんやろというのが素直によろこべないようなきがするのはわたしだけでしょうか。

 

« 再発見 宮沢賢治著『セロひきのゴーシュ』 | トップページ | イチロー使用足裏マッサージ器 後継機 続報 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183411/21469697

この記事へのトラックバック一覧です: レーザー レーサー (LR)、スピード社 (SPEEDO) で日本新記録連発に違和感を感じませんか、でも、たしかに、すごい:

« 再発見 宮沢賢治著『セロひきのゴーシュ』 | トップページ | イチロー使用足裏マッサージ器 後継機 続報 »

最近のトラックバック