« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月28日 (水)

最近の座右の銘 Steve Jobs のStanford 大学Commencement speechより

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma — which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

(cited from Steve Jobs' address at 2005 commencement of Stanford University)
公式リンクはこちら

たびたび触れる(スタンフォードのスピーチinside Steve's brain等)ことのおおい彼ですが、やはり気になるfigureです。

Apple Store(Japan)

国語辞典を見直し中 goo辞書のfirefox用アドイン 

最近、国語辞典を見直して使っている。実際、使っていたのは、中学校のころまでで、それ以降はほとんど使った記憶がないが、ここ数ヶ月よく使っている。思えば、ちょっと古い言い回しの文献をオンラインで読んだりするようになったこともあるだろうが、以前よりもここの言い回しになんだか気になるようになった。年のせいというわけでもないだろう。むしょうに辞書で確認したくなる。

 とはいえ、めんどくさがりの性分なので、とくにオンラインの文献については、なにか便利な方法はないかとおもい、ちょっと探してみて、きになって、つかってみた。

goo辞書のfirefox用add-inツール

使い方は、簡単で、ダウンロ−ド、インストールして、mac だと、「control + クリック」で、選択のなかに、国語辞典で、というのがでてくると、かってに調べてくれます。

いままで、小説にしても、評論にしても、多少の単語がしらないのがあっても、全体の意味がわかれば、部分部分のこまかいところでわからないことがあっても、よしとして、辞書をしばらくひかない生活がもう20年以上たってしまった。英語の文章も同様であったが、英和辞典も最近ひくようになって、やはり細部もわかったほうが全体もよくわかるという至極あたりまえのことにきづいて、最近は国語辞典も引くようになり、あらためて、この当然のことを痛感した。

ぜひだまされたとおもって、だまされてみてください。


いまのお気に入りのちょっと古いものは福沢諭吉の文明論之概略です。

読者をがんがんひっぱる舞城王太郎『阿修羅ガール』

今週末は、舞城王太郎さんの『阿修羅ガール』、水村美苗さんの『本格小説(上)』を購入しました。ひとまず、薄い方からということで、『阿修羅ガール』を読み始めたところ、この前の伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』を読んだ時にもまして、どんどん読み進めてしまい、気がついたら最後まで読んでしまいました。

 三部構成になっていますが、最初の第一章で、アクセル全開で、突入して、第二章は、大分趣きがことなり、一見別の本をよんでいるような感覚がしつつも、第一章からの勢いで、どんどん読んでしまい、そして、第3章で、コントロールができるようになって、最後まで、自分のペースで読み終えることができました。

 アマゾン、mixi 等々の書評を読了後、拝見しましたが、第一章で、アクセルを踏み損なった人、アクセルをふむ気になれなかった人、第二章の違和感を心地よく感じた人、心地悪く感じて、車をおりたひと、、、、いろいろいらっしゃったみたいですが、それも、きっと、著者の舞城王太郎さんには想定ずみだったんじゃないかとおもわれる、作品でした。普段は著者の年齢はあんまりきにしないんですが、今回は、諸諸の構成要素がほぼすべて、なじみのあるものからできていたのは、著者と年齢が同じせいもあるのかなと妙になっとくしてしまいました。いつもは、なんとなく、細部についてはわからないことがあっても、筋に関係ないかときにしないんですが、今回は内容的には複雑な部分もありますが、細部には妙に合点がいく作品でした。


 とにかく、 物語る能力というか、ストーリーテリングというか、読者をどんどん引っ張っていく力は、今迄よんだことある作家さんのなかでも、飛び抜けて凄いんじゃないかと思いました。

 かれ(?)、かのじょの著作をもう一作よんでみようとおもいました。でも、たしか、行きつけには他になかったような。。。


 今週他に読んだ物:

芥川龍之介『鼻』

夏目漱石『正岡子規』

梶井基次郎『檸檬』

2008年5月22日 (木)

谷崎潤一郎『文章読本』 吉行淳之介の批判的あとがきもおすすめです

週末、サンフランシスコの紀○国屋書店迄行く機会があった。いきつけのサンノゼ店よりは、文庫本の質、量ともに随分良く、つい、かねがね欲しいと思っていた文庫本を少なからず衝動買いしてしまった。

 その中のひとつが、この谷崎潤一郎著『文章読本』である。最近よんだ諸小説がきっかけで、文体および文章の読みやすさ、読ませやすさについて興味を持つようになった。ちょっと、調べてみると、『文章読本』と名がつく本は案外たくさん出版されていて、そのなかのいくつかは学生時代に読んで半ばで挫折したりしたものもあるが、谷崎氏のものは、偶然今迄一度も本屋で見かけることがなかった。

 また、先月目にした浅田次郎氏の対談かインタヴューでこの本の一節をしり、読みたくて仕方がなくなってしまった。

 はじめの数ページをめくり、この本自体が、読みやすく、もうすこし読んでみたくなるように書かれていることに気づき、ほっとした。巷には文章読本、文書の書き方と銘打っている、なんとも難解な本が多いことにがっかりしたことも、すくなくないだけに、スタートからとても好印象である。

 詳細は本文を参照していただくことにして、私にとって、印象にのこった一節のひとつで、谷崎氏にとって、「名文」とはについての一節からです。

長く記憶に留まるような深い印象を与えるもの

何度も繰り返して読めば読むほど滋味の出るもの

(谷崎潤一郎『文章読本』(中公文庫)p. 83 「感覚を磨くこと」より引用)

 これは最近とくに、個人的に感じていることとも重なっている。繰り返しよむということは、以前、とくに学生時代の若い頃は特に、なんとつまらないことと思っていたが、最近は繰り返し読みたくなるような文章こそすばらしい文章であり、また、そのような文章を繰り返しよんでいると、まさにかめばかむほどのごとくにその内容が骨身にしみてくるのがここちよいと感じるようになった。

    あとがきは、吉行淳之介による数ページのものであるが、これがまた、本編と別に面白かった。理由は、吉行氏の手によるあとがきは、いわゆる文庫本のあとがきにみられるような、本編の要約や、あらすじであったり、著者に関するトリビアを披露するような通常のものとは異なり、本編に関する批評的考察から構成されている。短いですが、このあとがきによって、かえって本編をよみかえしたくなるという気持ちを鼓舞するすばらしいあとがきなので、これも読まないと損ですよ。

と締めかけてちょっとGoogleで眺めていると、彼の手によるこんな本がありました。


みかけたら、買ってみようと思います。


 

2008年5月16日 (金)

やっぱりPop辞書+オンライン文学、文章、記事 めんどくさがりやさんのための英語原書読書術 

本をよむことがおおいのですが、なんといっても、便利というか楽なのは、以前にもすこし紹介しましたが、Pop辞書を利用してオンライン書籍をよむことです。
古い作家さんなら結構な確率で英文がHTMLの形式で手に入るので、それを利用して、①日本語訳でいみがわからないところを読み直したり(カラマーゾフの兄弟、亀山訳をよんでいますが、ときどき??となるところを読み返しています)、②日本語訳が手に入らないときに、いきなりよんじゃったり(現在海外在住のためやむなしですが、、、Art of Unix Programmingとか、各種英語マニュアル類、ウィルヘルムマイスターの修業時代(ゲーテ)とか、、_)、③昔日本語で読んだ物を英語でよみたくなってよんでみたり(Catcher in the Ryeとか、Father's Dragon (邦訳エルマーと竜)とか)、④英語の新刊で、未邦訳のものをよんだり(この場合は、online版はないことがおおいので、単語調べに、英辞郎と併用したり、、、inside Steve's brainとかHalf of a Yellow Sun (アメリカの君へのAdachieの最新刊)とかを読んでいます)。

 たしかに、いろいろな辞書があり、ときとして、詳しい解説が必要なときもあり、その場合は、大きな辞書を使っていますが、とくに読書時はたいていの場合、珍しい単語の意味(多分、もう2度と見ないか、もしくは自分が文章を書くときには使わなさそうな)をちらっと調べるだけのことで用たりることがおおいので、この組み合わせはとても重宝します。

ちなみに手元にあって、出てきたものだけ列挙しておきます。

2008年5月14日 (水)

伊坂幸太郎 『重力ピエロ』文庫版をおすすめします 

知り合いのおすすめということで、伊坂幸太郎著『重力ピエロ』を読んだ。以前のブログでも書いている通り、原則多数の本を平行して読書しているけれども、おもしろいと、ポケットにいれて、そればっかり読んでしまうということがある。今週は仕事の合間にこの本をポケットにいれて、ちょっと隙間にずんずん読んでしまった。

 読後感はひとことでいうと、カフカの『変身』の最後の部分を読んだときに感じた頭のなか?心のなかが、真っ白くなって、暖かくなる感じと質的には似た者を感じ、とても心地よい気持ちになった。背景もストーリーもまったくことなるが、ときどき、小説をよんでいて同じような気持ちになることがある。

 小説で語られている苦悩が納得できる形である種の解決を与えられたときに感じるのではないかと今は思っていて、これがあるから小説を読みたくなる。

 最近本屋さんにいくと、たくさんの彼の作品が平積みされていたが、どうもそういう本はさけたい性分で、手に取る機会はなかったが、たまたま、知人の一押しということで、だまされたつもりで、読み始めたが、だまされて良かったというのが本心である。こういうだましは大歓迎だ。

 読み終えてから、ちょっと気になったので、この本の書評をいろいろ漁ってみたが、みなつぼがちがうのか、感じ方はさまざまで、私が感じた白く暖かくなる感じについてふれられているものはなかったが、まあ、そんなこともあるかもしれない。

 また、週末本屋さんにいったら、彼の本を買ってみようとおもった。

ちなみに、あとがきに、伊坂幸太郎さんは単行本から文庫化する際に、手を加えることが多い方のようで、単行本にない一節を文庫化にさいしくわえているようなので、最終版としての文庫版をあえておすすめします。

 同時並行で、同書にでてきた、ちょうど手元にあった『走れメロス』『トロッコ』『カラマーゾフの兄弟』を読み返しました。『カラマーゾフ』は現在進行中。前2冊は同時に読んじゃいました。週末手元にない。井伏鱒二の『山椒魚』を買ってこようと思います。カラマーゾフは亀山訳が読みやすいとかっていたんですが、どうもあまりわたしにはあわないようで英語版の近所でかったものを読んでいます。

読んでいる英語版はこちら。とっても読みやすい。といってもどっちも翻訳ですが。

在庫あるようですね 5月13日更新 イチロー愛用 フットマッサージャー 後継機 リフレエッグ

このブログもっとも多い検索が

  • イチロー
  • フットマッサージ
  • フットマッサージャー
  • マルタカ
  • リフレエッグ
  • プロフェッショナル
  • 足裏
  • マッサージ

ですが、どうやら、楽天サイトでは暫く売り切れの状態がつづいているようですね。
先ほどチェックしたら、こちらから、少数ですがイチロー選手愛用フットマッサージ機の後継機種リフレエッグの在庫があるようです(5月13日時点)。

また、在庫アップデートをするようにします。

2008年5月 8日 (木)

最新Steve Jobs本 Leander Kahney著『Inside Steve's Brain』

おととい、近所の本屋さんにAlbert Camusカミュの英語版The Stranger (邦訳『異邦人』)をちょっと買いにたちよったところ、レジ横にいまの売れ筋ランキングの堂々一位のところに、
"Inside Steve's Brain"というタイトルの地味な表紙ではありますが、こんな表紙の本がおいてありました。
そう、この表紙をみていただくと、一目瞭然ですが、Steve Jobsに関するお話しです。

Cult of Mac, Cult of iPODの奇抜な坊主頭にアップルロゴ、iPODの刈り上げ模様の表紙で有名な、Kahneyによる最新刊。いままで、読んだSteve Jobs本の中では読みやすさの点ではダントツです。いままだ、Chapter 1の終わりまでしかよんでいまんが、軽快な英語で、ひきつけられてどんどん読めてしまいます。英語も平易なので、パソコンずきの中学生の英語のならしによんでみるのもたのしいんじゃないかと思います。

 この本屋さん自体、道を挟んだ真向かいがApple storeであるもあって、売れ筋なのかもしれません。私的なことではありますが、どうやら彼がときどき自分のうちから、はだしであるいてフルーツやスムージーなどを買いにくるという噂のスーパーは、実はいつも行っているスーパーであることがわかり、ちょっとびっくりしつつ、いつかスーパーででくわしたらどうしようとちょっと、どきどきしてしまいました。

また、Stanfordでの彼の講演をYoutubeでみてしまいました。(Stanford大学公式の映像です)

読了後に、再度感想をアップします。

2008年5月 2日 (金)

文学を聴く iTunesストアにも作品がふえてきました 夏目漱石 芥川龍之介 から浅田次郎、石田衣良まで

最近、オーディオブックはお休みしていて、もっぱら読書ばかりしていたのですが、今朝ちょっと、 iTunesストアのaudiobookのコーナーをあけてビックり、作品が結構増えてました。そのなかでも、小説がいろいろ増えていました。以前はほんとに限られた小説しかアップされていなかったのが、漸く現代の小説まで含めてアップされてきています。

 一時、小説離れで全く読まなかったのですが、最近は常時3、4冊の小説を平行読みを始めるきっかけになったのが、このオーディオブックです。以前、小説以外の本を紹介していましたが、小説も、これで、聴いて興味を再びもって、よみはじめました。それで気がついたのですが、文庫本の値段がかなり高くなっているということです。記憶のなかで、お小遣いをにぎってホン屋さんに通っていた頃はは500円を超える文庫なんて、分厚い、たしかカラマーゾフの兄弟とかだけだったような気がしますが、いまはどれも、500円以上で、びっくりしました。それはさておき、紹介です。

まず、有名どころだと、夏目漱石の『夢十夜』。

『夢十夜』オーディオ@iTunes Store icon

こんな夢をみた
ではじまる有名な短編集ですが、短編とはかくあるべしというすばらしい作品です。

  常田富士男さんのすばらしい朗読(日本昔話のおとこの声の人です)で聴かせる芥川龍之介の『仙人』。

『仙人』オーディオ@iTunes Store icon

 作品ももちろんすばらしいのですが、朗読のすばらしさで聞き惚れてしまいます。

 現代の作品だと、浅田次郎さんの直木賞受賞作で高倉健さん主演で映画化もされた『鉄道員(ぽっぽや)』。

『鉄道員』オーディオ@iTunes Store icon

までありました。活字では最近浅田次郎ファンになりつつあります。


そして同じく直木賞受賞作家の石田衣良さんの『ラストバトル/LAST BATTLE』までありました。

『ラストバトル/LAST BATTLE』オーディオ@iTunes Store icon

ますます登録作品が増えてほしいところです。

みなさんもiTunesストアのオーディオブックいろいろ探ってみてください。上記作家たちの他著作もありますし、

  • 夏目漱石
    • 坊ちゃん
    • 我が輩は猫である
    • 草枕
    • 三四郎
    • こころ
    • それから
    • 文鳥
    • 彼岸過迄
    • 子規の画
  • 芥川龍之介
    • 杜子春
    • 蜘蛛の糸
    • 舞踏会
    • 薮の中
    • 地獄変
    • 南京の基督
    • 桃太郎
    • 蜜柑
    • 羅生門
    • アグニの神
    • 英雄の器
    • 猿蟹合戦
    • 等々

他にも、目についたところだけでも、

  • 筒井康隆
    • 日本以外全部沈没
    • 最後の喫煙者
    • 時をかける少女
    • 文学部唯野教授
    • 問題外科
  • 太宰治
    • 富嶽百景
    • 走れメロス
    • 家庭の幸福
    • 人間失格
    • 桜桃
    • 眉山
  • 宮部みゆき
    • ぼんくら
    • ステップファザー ステップ
    • 日暮らし
  • 池波正太郎
    • 鬼平犯科帳
  • 宮澤賢治
    • 銀河鉄道の夜
    • 注文の多い料理店
  • 北杜夫
    • どくとるマンボウ航海記
  • 森鴎外
    • 高瀬舟
    • 山椒大夫
  • 川端康成
    • 伊豆の踊り子
    • 雪国
  • 梶井基次郎
    • 檸檬
    • 桜の樹の下には
  • 小泉八雲
    • 怪談
    • 牡丹灯籠
    • 耳無し芳一の話
    • 雪女
    • おしどり
  • 陳舜臣
    • ものがたり史記
  • 織田作之助
    • 夫婦善哉

 iTunes Store(Japan)

鴨志田穣『遺稿集』 鴨ちゃんの最後の活字


お勉強とは関係ありませんが、一度読んでいただきたいのが、この享年42歳で腎臓がんでなくなられた鴨志田穣さんの『遺稿集』。どちらかというと、『僕んち』『アジアパー伝』毎日新聞連載の『毎日かあさん』等で有名な漫画家の西原理恵子さんの元夫ということで、有名かもしれませんが、かれのつれづれなるままの文章がおさめられています。がんにて最後なくなる直前までウェブに連載していた、ご自身の闘病記というより、とてもすなおに自分をながめている自然体の鴨ちゃんのすがたを感じることができます。

西原さんの作品の中にでてくる鴨志田さんしかしりませんが、訃報を聴いた時に、涙を禁じ得ませんでした。ご冥福を祈ります。

 西原さんの著作をよんだことが或る方は、鴨志田さんの最期の記録としてご一読をお進めします。

 

書評 本田直之著『レバレッジ時間術』 めんどくさがりのひとのための

週末近所の日本書籍専門書店で、購入。

  • 読みやすい。
  • 具体例がわかりやすい。
  • 読み進める動機がちりばめられている。

ので、とにかく読みやすくあっという間に読み終えてしまいました。

目次はこちら

 時間マネージメントのマニュアル本というよりは、時間管理をするにあっての、『めんどくさがりや』からみた有効に時間を使うための心構え集という感じです。

そのむね、本文にもしっかり明記してあり、『めんどくさがりや』の自分としては気をつけていることも複数ありましたが、それをすっきりシンプルにまとめている点がすばらしいとおもいました。

いろいろな時間管理術の本がありますが、ほんとうに管理術を学ばなければいけないめんどくさがりやさんたちには、その管理術自体がめんどくさく、つづかないことがおおいのにたいし、これは、めんどくがりやさんからみたできるだけめんどくさくない方法を追求しているという点で、めんどくさがりやさんにはぜひおすすめです。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近のトラックバック